pushkin 舞台裏

風景画総選挙 開票結果速報

風景画総選挙 開票結果

プーシキン美術館展大阪会場では、「風景画総選挙」と題し、出品作品65点の中でお気に入りの番号を1点、ご来場の方から投票していただくコーナーを7月21日から9月20日まで設けました。有効得票数は、合計15,074票でした。投票してくださった皆様、ありがとうございました。
ここではその最終の開票結果を発表!あなたが心に残った作品は、ここに入っていますか?

  • 8月5日までの投票分の一次開票、8月20日までの二次開票の集計順位を併記しています。

最終開票結果

1位
エドゥアール=レオン・コルテス
《夜のパリ》

(一次開票順位:1位、二次開票:2位)

夜のパリ

© ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2018 G1492

最も多くの人が「お気に入り」に上げた最終集計結果第1位は、なんと!この作品となりました。これから夜を迎えるパリの大通りの景色を描いたこの作品は、煌々と明るいショーウインドウの色が印象に残ります。絵の前に立つと華やかなパリの空気感が感じられる、そんなところが多くの人の心を摑んだようです。

  • 投票された方からのコメント

  • ・店から漏れ出る明かりが絵とは思えないくらいリアルに光り輝いていたから。(30代女性)
  • ・夜の街灯の感じがすごく魅力的だった。ハリーポッターみたい!(10代女性)
  • ・店の中に入ってみたくなりました。(20代女性)
  • ・写真では表すことのできない光の使い方で、構図も街の夜の美しさを最大限に引き出している(10代男性)

2位
クロード・モネ
《白い睡蓮》

(一次開票:2位、二次会票:1位)

白い睡蓮

惜しくも最終順位は2位となった本作品。モネの作品は本展に4点出品されていますが、《白い睡蓮》が最上位にきています。モネが睡蓮を描いた一連の作品群の中でも本作品は初期のものです。

  • 投票された方からのコメント

  • ・心が洗練されていくようだから。(10代女性)
  • ・ド定番の絵ですが、やっぱり、良いものは良いです(50代女性)
  • ・この展覧会でたびたび出てくる”光”という言葉がよく表現されていて、まぶしいくらいの光が毎日を彩ってくれそうだからです。(毎日が光であふれるわけではないからこそ…)(30代女性)
  • ・自分がそこにいるかのように思えた(40代男性)

3位
アンリ・ルソー
《馬を襲うジャガー》

(一次開票:3位、二次開票:3位)

馬を襲うジャガー

最終結果も引き続き3位となったのは、展覧会のポスターやチラシにも使用しているルソーの作品。ぱきっとした鮮やかな色遣いが印象的です。実際にはジャングルへ行ったことがなかったルソーは、想像力を駆使してこの作品を描きました。ジャガーに襲われる馬の何ともいえない表情は、一度見たら忘れられないかも!?

  • 投票された方からのコメント

  • ・リーフレットでこの絵を見た時、馬の目から目を離せなかった。食われているのは馬なのにそう見えないのがよい(40代女性)
  • ・国籍も時代も夢かうつつかも不明な雰囲気が好きです。(40代女性)
  • ・現代社会に通じる何かがあるように思える(60代男性)

4位
ジュール・コワニエ/ジャック・レイモン・ブラスカサ
《牛のいる風景》

(一次開票:4位、二次開票:4位)

牛のいる風景

4位は、過ぎ去った嵐の後とも思える高台で羊と牛が集う、牧歌的な風景が描かれた作品。二人のフランス人画家による共作で、動物画家として地位を固めたブラスカサが牛を描き、背景を風景画家コワニエが描きました。見ていると穏やかな気持ちになれますね。

  • 投票された方からのコメント

  • ・牛や羊が本物そっくり。今にものっそり動き出しそうで素晴らしかった!(40代女性)
  • ・いなか育ちの私には牛のいる風景が目の前に広がってみえた。(50代男性)
  • ・牛が可愛いのと右側の木が豚に見えて面白かったので。(20代女性)

5位
ルイジ・ロワール
《パリ環状鉄道の煙(パリ郊外)》

(一次開票:6位以下、二次開票:5位)

《パリ環状鉄道の煙(パリ郊外)》

二次開票からトップ5位内に入った本作は、とても大きい作品です(幅296センチ)。厚い雲に覆われた空の下、汽車がはき出す煙が大通りを横切る、大胆な構図がインパクト大。馬の脚が路上に映り込み、道路が湿り気を帯びていることがわかります。

  • 投票された方からのコメント

  • ・映画を見ているような気分になりました。当時のパリのその場にいるような…なぜか泣きたくなるような心をゆさぶられました。(50代女性)
  • ・見た瞬間ひきこまれました。人の生活と発展が感じられ音さえ聞こえてくるのではと。(20代女性)
  • ・写実的な人物・動物と印象派的な煙の描写の対比が素晴らしい(40代男性)